傷やこすれに役立つ車の塗装のやり方

せっかくの愛車にちょっとこすってしまった傷痕や汚れ、錆などが残っていて、それをそのまま放置してしまうと余計に悪化し、いつの間にやら素人では手に負えない状況に陥ってしまうこともよくあります。それゆえにまずは汚れや傷などを見つけたら、すぐに修理や修繕を施すようにしましょう。初期の状態なら素人でも十分自力での対処が可能なケースも多く、それでもどうにもならないような場合には、プロに修理を依頼すると良いでしょう。ちなみに自力での修理には、傷の大きさや深さ、車のそれぞれの個所によって当然ながら対処方法にも変化が生じますし、コンパウンドやクリーナー、パテや塗料、サンドペーパーなど、改善したいトラブルの種類によって実にさまざまな専用の修繕アイテムを使用する必要があります。

傷の深さが軽度の時に実施したい方法

自力で車を修理をする場合、まずは傷が浅い場合は、とくに塗装をする必要はありません。基本的にコンパウンドで傷を磨くだけで綺麗になります。とくにバンパーに関してはほぼこれだけで綺麗になりますが、ボディの場合は少し細かい傷が残る場合もあるので、そういった時はコンパウンドを使用した後に透明樹脂剤で傷を埋めるとより綺麗になります。またホイールの場合はコンパウンドではなくサンドペーパーで傷を研磨し、削りカスを取り除いて脱脂したら、ホイールシートを貼れば完成です。この時、シートは押し込むようにしっかり貼ることが綺麗になるポイントです。同じくマフラーに小さな穴などがある時は、サンドペーパーで汚れや錆を落としてからシリコンオフスプレーで脱脂し、穴をパテで埋めます。その後にマフラー耐熱シートを貼って完成ですが、マフラーに関してはあくまで交換するまでの応急処置と考えましょう。

塗装が必要となる傷への対処方法

傷によっては軽度でも塗装が必要なケースもあり、それがいわゆる引っ掻き傷などですが、他にも傷の個所がボディやバンパーの場合、深い傷や凹み傷なども塗装することが基本的な修繕方法となります。またこういった傷に対しては、どれくらいの修理にするのかといったことによっても難易度が変化します。ある程度傷が隠れれば良い場合は、傷の個所を脱脂して掃除した後、塗装のペンタイプのものを利用するだけで簡単に完成します。しかしもっと綺麗に目立たないように修理したいならば、塗装もスプレータイプを使用して、塗装以外にもいろいろなアイテムを駆使して丁寧に時間と手間をかけて実施する必要があります。とくに凹みの修繕の場合は傷だけの場合よりも難易度が高く、丁寧に実施するならばパテを使用して凹みを埋めた後に塗装する必要があります。