分銅を使った校正のやり方は国家標準もあります

種類があるので使い勝手が広いです

一般的にはなじみがない分銅ですが、その種類はいくつかあり重さによって分かれているものが一般的になっています。一番小さなものでは板状のものがあり、2円筒から3円盤などの形状があるので、それぞれが用途によって使われているのが現状です。また特殊なタイプではニュートン型などもありますので、これが幅広く利用することができるのは、それぞれに規格があり正確性を重視していることがわかります。これらは商業取引に使われる特定計量器が必要になるので、必ずしも一致しなくてはいけないわけではなく、以下に記すその意味を理解することになります。

誤差の確認をすることが前提となる

この分銅を使って校正をすることになるのですが、どのようなやり方かといえば標準器を使用して誤差の比較をすることをいいます。基準となっている測定器があり、誤差が無ければ測定器やその測定値の正確だということが証明されるわけです。手順としては基本の数値があり、分銅を使って誤りがないのかを見つける作業で、細かな作業でもあるのですが信頼のおける検査なので、企業でも重視しているところといえます。安全性の確認ですから定期的な検査をする必要がありますが、基本的には毎月やっていることではなく1年に一回というのが現状です。しかしあまりに長期的にやっていない場合では、その限りではなくもっと短い定期的にやっていくことも必要だといえます。測定結果を「証明書」として提出をすることや「検査成績書」の書面を作っていくことが仕事になりますので、結果として「誤差の確認」というのを集中することになります。

安全性の確認と信頼を得ることができる

はかり校正は法的に決まっていることではありませんが、はかりが正確な数値を示しているのかどうか、この点において「正解が当たり前」ではなく、意味合い的には違います。それは誤差があることを前提として調べるので、検査をするやり方として不確実性を確認することこそが作業の肝になっていることです。品質管理として校正が求められるのは、誤差があることで適切な判断をすることができなくなるともいえ、このようなやり方を理解することで作業の効率化を図ることができます。専門の業者に任せるケースもありますが、国から提示されているトレーサビリティなどが国家標準でJCSSといわれています。国家標準があることで安全性が確認できますし、独自のケースで校正をやっていくことも間違いではありませんが、差異がある可能性ではその限りではないといえます。

記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。